スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青木、古巣・燕スタッフ43人に特注グラブ

青木プレゼント


青木が古巣ヤクルトのスタッフに粋なプレゼントを贈った。

昨年まで8年間在籍したヤクルトへの感謝の気持ちを込めて、打撃投手、ブルペン捕手、用具係、通訳、トレーナーらチームを支えるスタッフ43人へ特製グラブを発注。この日、神宮球場のクラブハウスに届けられた。ネービーカラーに、金の縁取りが施され、それぞれにアルファベットで名前が刺繍(ししゅう)されており、総額約110万円の贈り物だ。

青木は「みなさんの力なくして技術、精神の向上はなかった。8年間ボクを支えてくださってありがとうございました」とスタッフへ改めて感謝の思いを伝えた。

思わぬプレゼントに鮫島ブルペン捕手は「ありがたいですね。大事に使わせていただきます」と感激の表情だった
-----------------------------------------------------------

野球人が感謝をこめて野球人にグラブを送るっていうのは、なかなか素敵なことですね。

自分も高校時代にバッテリーを組んでいた親友にオーダーグラブを作ろうと思っていたのですが、なんだかタイミングが悪くて、出来ませんでした。相手に子供ができたときにでもお祝いで作ろうと思います。

青木選手が送ったグラブはスラッガーのグラブのようです。
スラッガーのオーダーは色だ何だと結構細かくいろいろ指示できるのですが、金の縁取りはすごいですね。趣味がいいかは分かりませんが(笑)
刺繍の名前のフォントがなかなかお洒落ですね。あれは一般のオーダーでもできるんですかねぇ?

クボタスラッガー軟式グラブ定番オーダーシステム

価格:26,790円
(2012/7/5 23:43時点)
感想(11件)




にほんブログ村 野球ブログへ


スポンサーサイト

【雄星】8回124球の熱投!

図1

昨日は久々に雄星の投球を見た。

甲子園で初めて見たときは、この世代の怪物だとは言われていたけども、どうも早いだけといえばそれだけで、コントロールも微妙、精神的にも安定せず、なんといっても投げ方が気に食わなかった。
甲子園では肋骨だかを折りながら投げてたわけですから、まあ怪物には変わりないのですが、今思えば。

西武でもなかなか安定せず、2軍生活が長いと思うが、今日のピッチングは少し大人になった気がした。

下半身が安定し、投球のブレが前に比べると少なく、これは『化けたな』と感じた。素人が生意気ですが。

さて雄星モデルは市販されていませんが、ローリングスのグラブです。
ローリングスグラブは何気に優れた投手がラインナップされており、杉内・岩瀬・涌井のモデルが市販されてます。どの投手もコントロールに優れた球のキレで勝負するタイプの投手ですね。

雄星投手もこういう投手に仲間入りし、市販モデルができるか今後に期待です。

ローリングス軟式のブランドは、プロプリモ→チームエンブレム→プロモデル→プログレス→スパンキーの順番でグレードが分かれているようです。前の記事でも少し書きましたが、プロプリモの革はローリングスのH-O-Hでなく、日本独自の革を使用しており、耐久性に難ありとの口コミもあります。

中学校の時に自分はローリングスのグラブ使ってましたが、使いやすいグラブだったんですよね。でも確かに毎日使っていると下手ったような気はします。まあグレードの低いグラブでしたけどねー。
とはいえ、草野球プレイヤー的には即戦力グラブとしては十分なのかもしれません。
購入の際はいったんお店でチェックした方がよさそうですね。

ローリングス 軟式グラブ チームエンブレム 投手用 RG22P1

価格:12,600円
(2012/7/2 23:51時点)
感想(0件)



にほんブログ村 野球ブログへ

ローリングスブランド、アシックスブランドに統合へ

日本におけるローリングスブランドを製作販売してきたアシックス社が6月18日のプレスリリースにより、ローリングスブランドを廃止し、アシックスへの統合を発表しました。
以下プレスリリースの抜粋

-----------------------------------------------------------

株式会社アシックス(本社:神戸市、社長:尾山基)は、このたび、ベースボール事業において、2013年シーズンに向けた新商品から、すべて「アシックス」ブランドに統一して展開することになりました。
本展開は、1976年からライセンス契約を締結してきたRawlings Sporting Goods Company,Inc.(本社:ミズーリ州セントルイス市、社長:Robert M.Parish)との契約が2012年12月31日に満了となり、それに伴うものです。

当社ベースボール事業は、売上高100億円の早期達成を目標とし、達成に向け、当面、国内野球市場を中心に展開し、販売を拡大していく予定です。
また、「アシックス」ブランドの新商品は、2012年11月から順次発売します。シューズに加え、グラブ、バット、ウエア、防具類などで、アシックススポーツ工学研究所で培ってきた知見を生かした高機能商品を中心に幅広く投入します。「最新、最速。」をスローガンとし、新しさやアシックスならではのスピード感を積極的に打ち出していきます。

当社は、これまでシューズ類などを除き「ローリングス」ブランドでベースボール事業を展開してきました。今後は、「アシックス」ブランドに統一することで売上拡大のほか、アシックスグループ全体のブランド価値向上を図ります。
-----------------------------------------------------------

元来からメジャーリーグが好きなファンにとっては、残念で仕方のないニュースではないでしょうか。
グラブマニアのホームページやブログを読むと、USAローリングや特にローリングスの革『H-O-H』に対する信仰心は凄みを感じます。グラブをコレクションするという行為のほとんどは、このH-O-HのUSAローリングスをコレクションする行為にほぼ等しく、メジャーリーグの歴史というよりも、そもそもの野球の歴史が凝縮されたブランドといえるわけです。

HOH.jpg

アシックスは日本ローリングスの独自路線として、和牛のプロプリモシリーズを採用し、〇Rのエンブレムになっているやつがそれのようですが、プロプリモは、軽量で操作性を重視している一方で耐久性に疑問視する声も見受けられます。

来期以降の展開として、当然H-O-H革を使わなくなるのでしょうから、アシックスがどういう革を採用するのか、競合ひしめく日本市場でどのような戦略でプレイヤーにアプローチするのかは注目です。
基本的にはアシックス=足=スパイクなわけで、野球の世界でもアシックスのスパイクが優れていることは、だいたい認知されています。特にイチロー効果を使った広告効果を前面に出すのでしょうが、別にイチローがアシックスグラブを使うことはないでしょうし、どうなのでしょう。あとはロゴラベルなどのデザイン性にも注目です。

しかし、それにしても、日本の野球道具市場にローリングスがなくなってしまうことが、ただただ残念でなりません。USAローリングスがJAPAN支社を作ってくれないものですかねぇ。

そういうわけですので、ローリングス好きのプレイヤーは今のうちにローリングスを製品を購入しておきましょう!!

◆送料無料◆シュミレーションシステムを使ってかんたん注文!ローリングス・硬式スペシャルオーダーグラブ

価格:44,550円
(2012/7/1 12:26時点)
感想(1件)



にほんブログ村 野球ブログへ

COACH ベースボールコレクション

coach2 (2)

今日はちょっと違った視点から。

あの有名ブランド、COACHがベースボールコレクションというキャンペーンを展開しています。

【参照WEBサイト】COACH公式サイトより

http://japan.coach.com/online/handbags/-men_baseball-13001-13500-5000000000000240803-jp?t1Id=38711&t2Id=5000000000000240803&tier=2&LOC=LN

coach2 (1)

思い出のグラブをCOACHの職人が財布に作り替えてくれるという粋な企画。
限定70人というのも希少感があっていいですね。
無料ではなく、6万円弱(新品グラブより高い!!)お金を払うのですが、これは東北震災の寄付金となるようで、色々カッコいい企画です。

頑張れる人は今がチャンスですので、応募してみてはいかがでしょう!

ただそもそもCOACHがベースボールに特化した商品作りをしていること自体、知らなかった。
鞄とか(高いけど)普通にカッコいいし、欲しいかも。

コーチ メンズ ヘリテージ ベースボール ダッフルCoach HERITAGE BASEBALL DUFFLE品番:77305

価格:89,500円
(2012/6/19 23:42時点)
感想(0件)



にほんブログ村 野球ブログへ

【ダルビッシュ】8勝目をマーク!

図1

ちょっと足踏みが続いてたダルビッシュですが、待ちに待った8勝目です!
日本のファンとしては、2失点というのが悔しい贅沢な悩みではありますが、圧巻の8回11K。
特にエンジンかかってからの球のキレはよかったですね。

土曜日の朝ということもあり、リアルタイムで見れる幸せ。どうもありがとう!ワシントン監督。

図3

ダルビッシュのグラブはライナーバックのグラブです。
外野手ではまれに見ますが、ピッチャーでは結構珍しいです。

グラブの機能面では、『手全体を包み込むことで、一体感やフィット感がさらにアップ。強い打球にも負けないキャッチングが可能』などと表現されている説明がありましたが、実際のところナチュラルバックとの違いはあんまりない印象です。つまりは見た目が良いと思えば、選べばいいのではないでしょうか。

ただ、手全体を包む、一体感、フィット感・・・ということは、=通気性がよくない=臭くなりやすい・・・なんてこともあるのではないでしょうか。中学生・高校生のように毎日練習するような使用頻度においては、もしかして向いてないかもしれません。まあ余計なお世話ですね。

ちなみにダルビッシュ、高校時代はミズノ(ナチュラルバック)→ナイキ(ナチュラルバック)→ナイキ(ライナーバック)と色々試しているようです。

図2
200504_img_25.jpg
daru.jpg

感覚的に一番しっくりきたのでしょうね。

ダルビッシュの活躍以降、甲子園などでも妙にライナーバックの使用者が多くなった気がします。
ちなみに前年の優勝投手・日大三の吉永(現早大)もライナーバックでした。

吉永

今はやりのライナーバック。内野手に向かないと思いますが、ピッチャー・外野手は検討してもいいのではないでしょうか。きっと一目置かれるはず。

NIKE(ナイキ) 【ダルビッシュ有モデル】 軟式一般右投用グラブ :ブラック (D11 シグネチャーモデル 11 BF1444 001)

価格:8,990円
(2012/6/16 13:29時点)
感想(0件)



にほんブログ村 野球ブログへ

プロフィール

野球ぱんだ

Author:野球ぱんだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。